--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.15

ダブル・ハップニング(次いで下腿剥離骨折)

としこおばあちゃんは9月9(10)日肋骨骨折しました
右第6肋骨骨折の痛みをかばう動作と
もともと脊柱が歪んでいるので’ややこしい’バランスになったのでしょう

9月12日にも転んだようです
本人からの報告はなく
私(=次女)が左の足関節が腫れているのを見つけました
触ると ’痛い!’と睨みつけます

初めて、昨日転んだことを知りました

右の脛骨遠位端の剥離骨折です

私の頭の中は一瞬
 -としこさんは歩けなくなるかもしれない  
 -整形外科の先生に診ていただく?
  でもそうするとギプスを巻かれて入院になる?
  としこさんと私の生活が狂ってしまう

私は心を冷静にすることに勤め
整復してテーピングしてみよう 

左足の内側が引っ張られていると考えて
同じく腫れている膝も整復したところ
腫れがドンドンひいてきました 
すんなりした足関節と膝になってからテーピングしたところ
直後に今まで通り歩けました  

翌13日夜、訪問したところ、いつもより早く出迎えてくれました

元の生活か可能だ  ホッ   

この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Posted by at 2011.10.05 00:19 | 編集
> としこさん、たいへん。。ドキッとしました。心配しました。。
> 今日は、お加減 いかがですか? 
> どうか お元気でお過ごし下さいますよう。
>
> 私も励みにしております。
ありがとうございます。 おかげさまで回復しつつあります。 驚きの97歳です。 10月6日の写真も見てくださいね。
Posted by toshiko.mago at 2011.10.07 01:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。