--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.04

年越しそば

12月29日にとしこおばあちゃんの孫(長男の娘)の家族4人が茨城から車で到着。
としこさんと一緒にお正月を迎えるためです。
宿泊場所はとしこさんの家から車で15分の素敵な空間(ペンション風)です。

そこに、としこさん、孫家族4人と私の6人が集まり 
<年越し鴨つゆそば> をいただく計画を立てていました。
夕方、6時にとしこさんを迎えに行くと、なにか、ヘンな雰囲気です。

・・・・・ ☆ ・・・・・ ☆ ・・・・・

としこさんも年越しそばの計画は知っていたのですが、
’その後の連絡がなかったので(私達はよく判らないのですが)心配になり、
家にあった乾麺を2束(440g)湯がいて待ってたんだけど。。。’

と少しスネテいます。 

こちらも、鴨など準備しているので、強引に鴨つゆそばの方に誘導しました。
鴨つゆそばは信州の老舗の半生そばだけあって、とっても美味しかったです。
彼女も ’美味しい♪!’ と言いながら 私達の半量を食し、ご機嫌は回復しました。
 
としこさんが6人分の饂飩を茹でて待っていたのは、下記が考えられます。
 1)来客の時は、すぐに 'お茶' ’食事’ という考えが抜けきらない
 2)その後の連絡がないので、私達に作る時間などないと思い込んだ

このような ”人に尽す”思考過程で何十年も生活してきたのです。 

茹でてしまった麺をとしこさんが全部食べるには何日も掛かりそうで気の毒!
半分は私が持って帰り、4回分に分けて冷凍しました。 
フリーザーの中でカサバッていますが、そのうち役に立つ事でしょう。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。